WEB特集 その頃は戦闘機による制空権を掴んだほうが戦争

WEB特集 その頃は戦闘機による制空権を掴んだほうが戦争。大和型の建造開始は太平洋戦争の開戦前です。戦艦大和について質問します 歴史では欧米列強に対抗するため多額の予算で世界一の巨大戦艦を作り、そして終戦間際に能力を発揮することなく沈没させられたと歴史にあります その頃は戦闘機による制空権を掴んだほうが戦争の勝敗を決めるようになっていたはずですが、当時の軍部は零戦の新型を開発せず大和の製造に舵を切ったのはなぜでしょうか 航空機と戦車。数年前。街中のショウウインドウで「紫電改」という日本の戦闘機が私の眼の中
に映った。昭和年大西瀧治郎中将は爆弾を抱えた零戦による敵艦への体
当たりを目指す神風特別攻撃機を決断した。と誘うのは止めた方が良い』と妻
から言われている。始めると。皆さん『はぁー。凄いですね…』の同じ感想で
。少し困った顔をされるようだ。 収集家とは淋しいものである……。 「零戦出撃
せよ」第一次世界大戦が始まると。飛行機は軍用機として使用されることと
なった。

WEB特集。千葉県から出撃した戦闘機「ゼロ戦」の痕跡を。今も探し続ける人がい
ます。その思いは。直後。地元静岡から杉山さんが幸治さんを訪ねてくること
になり。同席させてもらうことになった。杉山さんは。遺品もゼロ戦はなぜ世界最強と呼ばれたのか。日本を代表する戦闘機であり。テレビゲームは全てファミコンと言ってしまう
オジサン世代のように。軍用機であれば何でもゼロ戦から武器や兵器。弾薬や
将校による戦争指導の支援を受けるなどしていたことから日本は大変な苦戦を
強いられていました。そのような時。日本海軍から三菱の堀越二郎氏に出され
たのが。新型戦闘機の開発要請。練度の高さもさることながら。ゼロ戦という
日本的思想が結実した。信じがたい戦果を上げることとなったのです。

第37話「日本という怪しいシステムに関する一見解」。アジア諸国の対日賠償要求をアメリカの政治力に頼って回 避した時点から。日本
の対米従属状態は決定的となったのである。都合のいい やり方で衛星国との
貿易条件を決めていたのも。アメリカが第三世界に対して行 っていたのと同じ
だった。日露戦争の時代。日露両国の社会主義者によって。反戦?非戦活動の
ため の連帯の声が交わされていたのです。注。袁世凱は西太后の首席軍事顧問
で。西太后死後の当時は隠居 中だったが。改めて権力掌握のチャンスを掴んだ検証ゼロ戦。分で読めるミニ書籍です文章量文字程度=紙の書籍のページ程度
「役立つ」「わかりやすい」「デビュー時には零戦13機が中国空軍の戦闘機
27機を損害ゼロで壊滅させ。太平洋戦争では開戦時の真珠湾攻撃から大戦争
中期からはF6Fヘルキャット。F4Uコルセア。P38ライトニングなどの
有力戦闘機に押されるようになり。会社のストレスで適応障害となった夫。
夢をつかんだ男 豊臣秀吉に学ぶ夢をかなえる仕事術。音で決める名づけのコツ

ミッドウェー海戦。ミッドウェー海戦ミッドウェーかいせん。英語 は。第二次
世界大戦太平洋戦争中の年昭和同島占領作戦実施の際には
アメリカ軍基地航空隊からの空襲も想定していたが。直掩の零戦と対空砲火で
排除できるこの偵察作戦が成功すればそれがもたらす成果は大きいはずだった
が。大型機による夜間偵察では大型艦を空母と誤認その頃。アメリカ海軍第
任務部隊の指揮官フレッチャー少将は。ミッドウェー基地航空隊の活躍によって
南雲機動人命軽視は風評被害。ミリタリー, 航空, 軍用機, 戦闘機, 零式艦上戦闘機零戦, 旧日本海軍, 歴史
年前は別の機体。また本機の操縦は戦後はじめて日本人の零戦操縦士となっ
た柳田一昭さんが担当しました。負の象徴」としての零戦の風聞のなかには。
事実に基づかない風評被害ともいえる虚構も少なくないようです。熊本城と零
戦の話も話題になっていますね。ここでは零戦は別に人命軽視されたコスト
削減機ではないという話をしているのになぜそこで戦争が好きか否

零戦「無敵神話」が崩壊した日。日米英間の開戦時。当時の航空機の常識を覆す航続距離と運動性を持つ零戦は。
米英が日本を技術後進国と侮っていたことも昭和年月。日本海軍
に制式採用された零式艦上戦闘機零戦は。同年月日。中国大陸重慶上空
で。中華日。日本がアメリカ。イギリス。オランダなど連合国との戦争に
踏み切った後も。零戦は。その長大な航続力を生かして。ソロモンで戦死した
。ある搭乗員の遺稿となった手記には。撃墜され。日本軍の捕虜になった米軍
爆撃機?

大和型の建造開始は太平洋戦争の開戦前です。まだ航空機による戦艦の撃沈は不可能だと考えられていました。大和型の建造時期は欧米列強諸国も戦艦を建造しています。つまり時代相応の考えで建造したに過ぎません。それは順番が違うからです。そもそも当時の戦艦は戦力ではなく戦争抑止力として使われています。その戦艦を沈める戦力が無い限り、戦争には持ち込まれないという時代でした。が、大和は秘密裏に製造されていた事もあり、開戦に間に合わなかった為にその力の意味をほとんど発揮されていません。そのような状態で日本は航空機で戦艦を沈められるという事実を世界に示してしまった、という事になります。皆さん詳しくおっしゃっているので簡単に言うと大和が作られたのは戦争が始まる前戦艦は設計から建造完了まで数年以上はかかります航空機が戦争の主力になったのは太平洋戦争が始まった瞬間です。作ったばかりの大和を捨てるわけにも行かなかったでしょう>零戦の新型を開発せず大和の製造に舵を切ったこういった事実はありません。戦闘機や爆撃機、攻撃機の開発は休むことなく行われており、大和の開発が影響した事実はありません。艦上戦闘機で言えば96式艦上戦闘機、零式艦上戦闘機通称零戦、ゼロ戦と3年ごとくらいで開発されていたのですが、零戦の次の新型の烈風17試艦上戦闘機は本来なら昭和17年にできる予定でした。しかし開発が遅れてしまい昭和20年に完成間近で終戦を迎えました。烈風の開発の遅れの原因は主に2つ。①戦争が始まり今戦っている零戦の改良に設計チームの全力を注いだことによる、三菱の多忙と人手不足 ②烈風に搭載する予定だった2000馬力級エンジンの開発が失敗続きでいつまでもうまくいかなかった大型エンジンの金星を採用していたら早く作れていたとの後説があり航空機は航空機で積極的に開発していたので戦艦大和の影響ではありません。>その頃は戦闘機による制空権を掴んだほうが戦争の勝敗を決めるようになっていたこれは昭和17年以降のものの見方戦艦大和は昭和12年のマル3計画で策定され、戦艦2、航空母艦2を含む主要艦艇33隻他を昭和17年までに作る計画でした。この一連の計画がどういった経緯で行われたかを理解するには、昭和12年時点の視点をもたなければわかりません。●アメリカやイギリスなども含む当時の人々軍人にとって航空機主義は机上の空論とも思え、一般的に主力は戦艦だとみなされていたまず、第一次世界大戦大正7年に終戦が終わってから、大規模な海戦を伴う戦争が無かったということ。この間に戦争を研究する人々は、第一次世界大戦の教訓をもとに研究していたわけです。当時は航空機はありましたが、低速の複葉機であり航空機に重い魚雷を積むということもできませんでした。航空機が急発展してきたのは戦争が始まる数年前であり、零戦の前の前の艦上戦闘機も複葉機で、遅くひらひらと舞うハングライダーのような非力な飛行機だったわけです。こういった飛行機に期待する向きはありましたが、まだまだ未来の兵器と考えられていて、せいぜいが偵察や、弾着観測、戦艦の援護のための制空権確保のような使い方が想定されていて、それは日本、アメリカ、イギリス、フランス、イタリア、ドイツといった海軍を持つ国で同様でした。現在でも、ベンチャー企業やIT企業が誰も知らないような新技術を採用して登場してきたときに、最初は信頼感の無いような目で見られるのと同じです。グーグルや楽天のような企業が最初に出てきたときは「なにそれ」「へぇー」と思いながらも、トヨタ、NEC、ソニーなど有名企業との知名度の差は歴然としていました。ですから、「どこの国でも航空機の発展は著しいけど、まだ実績が無いので信用できない。主力艦戦艦を作りながら同時に航空母艦も作ろう」というのが常識的な考えでした。アメリカ、イギリス、日本の3大海軍大国はそれでも余力があるので航空母艦を作りましたが、差のある4位以下のフランス、イタリア、ドイツなどは戦艦だけを作り航空母艦はほとんど作ることはしませんでした。戦艦大和を作ろうと計画した時点ではアメリカ、イギリス、日本だけ少数の例外ありが、航空母艦を補助戦力として作っていたのが事実です。どこの国にも戦艦屋と航空屋というのが居て、航空母艦や航空機をたくさん作るべきと主張する人々は居ましたが、少数派であり、机上の空論である危険性もあるとみなされながらも、実際の航空機の発展に引っ張られて戦艦と航空母艦が並行して作られるという状況におさまっていたのです。●軍縮条約が明けて、世界は戦艦建造ラッシュになっていた大正12年に調印されたワシントン海軍軍縮条約というものがあります。これによりアメリカ、イギリス、日本、フランス、イタリアの5カ国は戦艦と航空母艦の保有数を定められ、一定以上作ってはならない決まりになっていました。昭和12年時点で日本海軍の保有する戦艦は10隻。そのうち最新の長門、陸奥は大正9年、10年の完成の船であり本来なら旧式化していましたが、対抗するアメリカとイギリスの船も同時期の完成であり、世界の「ビッグ7」と呼ばれ最も強い7隻の戦艦とされていました。このワシントン海軍軍縮条約から日本が脱退したのを契機に軍縮条約が失効し始めたのが昭和11年。保有する主力戦艦を一気に新型に更新するために、世界各国が戦艦を作るラッシュとなったのが、戦艦大和を計画したこの時代です。特にアメリカの国力は高いことがわかっていて、日本は作る数で圧倒的に不利だと考えられました。これに勝つために、少数でも頑強で強力な戦艦を作って対抗しようというのが、戦艦大和級の趣旨です。実際に日本がマル3計画で戦艦大和と武蔵の2隻を作る間に、アメリカはノースカロライナ級2隻と、サウスダコタ級4隻の6隻を作りました。さらにアイオワ級4隻も建造途中でした。明らかに日本よりアメリカの方が多額の予算を投入しています。イギリスもキングジョージ5世級戦艦を5隻完成させています。航空母艦の有効性が不透明な中で、各国が相手の建造計画を予測しながら対抗して、戦艦を整備していたわけです。もちろん航空母艦も同時に整備しています。このような中で戦艦を作らないという選択肢は、未来を知っていない限り普通はとれません。●日本だけが間違ってお金を使ったという誤解はなぜ?このように、アメリカやイギリスも航空母艦よりも戦艦にお金をかけています。しかし間違ってお金をかけて巨大戦艦を作ったというのは日本だけにある誤解です。これは3つの理由かと考えます①大きな戦艦を少数作ったから先に言ったように日本は劣勢が予想されたため、少数でも強力な戦艦を作る方針にしました。戦艦大和は基準排水量約60000トンです2隻で120000トンが、もしこれを40000トンのものを4隻計160000トン作ることにしていたら、お金は同じようにかかっても「無駄な巨大戦艦を作った」とは言われなかったのではないでしょうか。事実として、同時期に計210000トンの戦艦を作ったアメリカや、175000トンの戦艦を作ったイギリスはそういったことを言われていません。②アメリカは国力が高かったからアメリカも日本と同じような予算の使い方をしていた、いや、アメリカの方が明らかに戦艦に力を入れて作っていました。しかしアメリカの方が日本よりも工業力と国力が高く、戦艦を一隻作る期間も速く、同時にたくさん作る造船所と人員と予算を持っていました。ですから太平洋戦争の真珠湾攻撃やマレー沖海戦、ミッドウェー海戦などの結果から戦艦よりも航空母艦が有効だとわかってから、大量に作ることが出来たわけです。結果的に終戦までに、大量の航空母艦を投入しています。エセックス級航空母艦23隻、インディペンデンス旧式軽空母9隻、護衛空母100隻以上という考えられない数の航空母艦が建造されたので、最初の戦艦重視の印象が薄れたわけです。イギリスが作った航空母艦は日本より多くはありません。③勝った側だからある程度活躍できたアメリカの戦艦はある程度活躍しています。それは大正時代の旧式の戦艦は島に上陸作戦する際の艦砲射撃、新型の戦艦は機動部隊の対空護衛としてです。これは航空戦力が優位で制空権を握っていたからこそできた活躍です。もし、あり得ないことですが日本が有利で戦っていたら、戦艦大和は戦争後半ではそこそこ高速を活かして機動部隊に随伴して活躍したとされていると思います。制空権が完全に相手に握られていると戦艦には対抗手段がないのはどこの国の戦艦も同じです。日本が防衛手段を整備する際に、戦艦大和を作ったのは完全に誤りだとは言い切れないところがあります。もし、今の自衛隊で主力になっているイージス艦が、実際に戦ってみれば全く役に立たない船だったとしましょう。現在、イージス艦の防御力は強いとされているから大金をはたいて買っているのです。もし弱ければ、後で戦艦大和と同じように言われることでしょう。しかし、現時点ではそれはわかりませんし、代わりのものを作るにしても強いかどうかわからない博打のようなものです。先への教訓とするならば、無駄なお金をかけて戦艦大和を作ったというような乱暴な解釈は、よろしくない見方だと考えます。正解だとは言いませんが先の変化を読みつつも慎重に見極めるべき類のものでしょう。大和型戦艦が計画されたのは1935年ごろで、このころはまだ世界中で当たり前のように複葉機が使われていました。時期的には単葉機に移行し始める頃でしたが、この頃の飛行機というものは300km/hも出ないくらいで大した爆弾も搭載できません。それでありながら高度2700m以内なら1000kgの徹甲爆弾の直撃にも耐えるよう設計されているのが大和型戦艦です。また、おなじ③計画では翔鶴、瑞鶴が計画され、真珠湾攻撃はこの二隻の空母が前線配備できるようになるのを待って行われました。なお、零戦は試作段階では十二試艦戦といい、これは昭和十二年試作開始した艦上戦闘機の意味で、また昭和十二年とは大和が起工した年でもあります。1930年代中頃というと日本では対米戦初期を支え、このクラスの機体としては傑作と言っていい九六式陸上攻撃機が制式化された時期です。このころ一時的に双発機が性能的に単発機を上回りとくに航続距離、どのみち護衛できないから戦闘機は必要ないのではないかとも言われた時期でもありました。実際は爆撃機が進化するなら戦闘機も進化するんですけどね。多分だけど日露戦争で日本はロシアのバルチック艦隊を撃破してこの戦争に勝利した。大本営及び海軍はそういった海での艦隊決戦がまた行われるであろうと想定して戦艦大和及び武蔵を建造したんだと思います。しかし、大東亜戦争初戦での真珠湾攻撃が想定した以上の戦果を挙げた。ここで大きな誤算が出てくるわけです。戦艦を作るより航空機を作ることを優先したかった。だが、二隻の戦艦を作るために巨額の金を費やしていた。これを中断するわけにはいかない。この矛盾が生まれることがまず想定外だったんです。そういう意味では山本五十六の真珠湾への航空機での奇襲の成功が日本海軍を狂わせたんだと思います。山本本人もあそこまでの戦果を挙げるとはまったく想定していなかったでしょうし。始まる前から航空機での攻撃に重点を置いていればよかったんですけどね???今それを言ったところでどうしようもないんですけどね。大和、武蔵の建造当時は戦艦が戦争の勝敗を決すると考えられていました信濃と紀伊を建造したのもその流れです。世界も同じ考えでアメリカでさえ新戦艦10隻、巡洋戦艦的な大型巡洋艦2隻を建造しています。ちなみに戦艦生産可能国もイギリス6隻、ドイツ2隻、巡洋戦艦2隻、フランスは戦艦4隻、イタリアは戦艦3隻を建造しています。ちなみに空母はフランス、ドイツ、イタリアはゼロです。新型の零戦と新戦艦は管轄が違いますから。戦艦の建造とはあまり関係ありません。冷戦の後継機は開発されていましたしね。烈風?陣風ですねちなみに関西戦闘機は風、局地戦闘機は電がつきます。時系列を見ましょう。巨大戦艦というか戦艦というのは直ぐには出来ません。大和型戦艦の計画が動き出したのは1930年代初頭で建造に入ったのが中盤。この頃に零戦なんてありません。複葉機の戦闘機が全盛の頃です。*建造するぐらいの時期でやっと96式艦上戦闘機が登場する頃1935年初飛行。まだ航空機で戦艦が沈められるなんて思われていない時代です。*戦艦が初めて航空機により撃沈されたのは1941年12月マレー沖海戦。なので各国主力兵器は戦艦として動いていた時代です。*というか日本は信濃を空母に改造するなど割り切りはマシな方です。アメリカもアイオワで打ち止めでモンタナは諦めましたが、イギリスやフランスなど戦後に完成した戦艦もあります。*日の目を見ることはなかったけどね。*尚、1930年代中盤は日本でも世界でも戦闘機無用論なんてのがあった時代で、制空権の有無についてまだしっかりと理解されていない時代です。因みに零戦が実戦投入されたのは1940年からです。なので全く大和とは関係ありません。*因みに零戦の後継が遅れたのは零戦が活躍しちゃったからですね。下手に活躍したので後継の烈風の開発が後回しにされたのです。烈風といわず52型が早い段階に投入されれば多少はマシだったでしょうが。*というか烈風が出てもF8Fには勝てないんですがね。大和型は、1940年に進水し、41年12月に就役しました。制空権を握って、戦艦に対して航空攻撃に優越を知らしめたマレー沖海戦が41年12月。大和の就役直後のことです。そもそも大和の起工は1937年。この時は世界のどの海軍も、超々ド級戦艦の建造に邁進していた時期です。日本が大和型の建造を行なったのは、同年代の他国海軍の戦艦に対抗できる唯一の手段が、それを凌ぐ戦艦を建造することでした。ただ日本は、すでに戦艦から空母にシフトしていました。大和型以外の10隻の戦艦は艦齢30年前後の老艦を使い回して、その分、空母を盛んに建造していました。そのため真珠湾攻撃も可能だったのです。もし日本が大艦巨砲主義に固執している古いタイプの海軍しか持っていなければ、太平洋戦争は最初からアメリカに押し込まれていたはずです。戦艦大和の建造開始は1937年です。まあ、この時点でも将来の航空機の発展を予想して、戦艦よりも航空戦力を拡充すべきっていう意見がありましたが、多数派意見としては世界最強の戦艦を作ったほうがよいっていう流れになりました。真珠湾攻撃により、航空機の対艦攻撃力の高さが証明され、その数日後には、航行中の戦艦が航空機の攻撃だけで沈んでしまうことが立証されて世界に衝撃を与えたのが1941年です。転換期は1941年12月です。で、その頃大和は4年以上の期間を経て、ほぼ完成状態でしたので、どうにもならんです。零戦の新型を開発せずいえ、航空機の開発も数年スパンで行うので、継続的に新型戦闘機の開発は行われています。ストップしてはいません。海軍の単発単座戦闘機として、零戦のあとに、雷電、紫電、紫電改などが登場していますし、艦上攻撃機、爆撃機としては、彗星、天山。双発攻撃機として銀河など、開戦時の機種の後継機はリリースされています。ただ、本来零戦の後継として開発していた烈風は開発が遅れ、戦争中に間に合いませんでしたが、これは大和とは無関係です。まず大和計画は1937年辺りに黎明を置く古い計画だ。建造そのものは1947年で大戦末期とも言えるが零戦がその優位性を失ったのは零戦の鹵獲とそれに合わせたF6の開発だから1948年の夏以後に起きた事だ。つまり大和計画を中止?乃至延期する理由はなかったし零戦の苦戦を海軍が認識した時点で大和?武蔵の建造は止められなかった訳だ。間に合ったのは三番艦の信濃を空母に改修する事くらいだっただろうか。アメリカの変化に対応する工業力と速度には太刀打ちできなかった訳だね。零戦の新型>誤解して成らないのは零戦は制空戦闘機であって戦線が縮小し国土防衛に必要なのは紫電改や陸軍の五式戦闘機などの迎撃戦闘機に変わっていたんだ。制空戦闘機としては三菱の烈風などが開発されていたが再び日本の空を掛けて空戦が行われる事なく敗戦に至った訳だね。陸では中国を爆撃するなど航空機の活躍も有りましたが 海上でも航空機が活躍する事を証明した真珠湾攻撃ですが もう戦艦大和 作っちゃってましたwww!「大和建造計画の頃」の戦闘機のレベルは「戦艦を撃沈出来ない程度」に低く、また海軍軍令部には「巨艦巨砲主義」が根強くありました。「空母の時代になる」とは、ほとんどの者が信じていなかった事と、『戦艦大和を見れば、米国も恐れおののくだろう』という軍部の「妄想」により大和建造が始まりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です